一緒に食べる「共食」の良いところ

中学1年生は3回目の食育授業で、

「共食の利点」について考えます。

班に分かれて、ブレインストーミング形式で良いところを出し合うのが特徴です。

子どもたちは

○おいしく食べられる

○人と仲良くなれる

○栄養バランスが良くなる

という共食の良さに改めて気づきます。

【他の利点を知っていますか?】

実は、共食をしている人の方が

「野菜の摂取量が多い」ことがわかっています。

野菜を使った料理はたくさん作ってしまう方が

案外楽なこともありますよね!

また「消化・吸収に良い」という利点もあります。

ひとりごはんだと短時間で食べてしまいがちですが、

共食ではゆっくり食べるので、体への負担が減ると言われています。

冬休みはクリスマスやお正月などの行事もあるので、

普段より共食がしやすいと思います。

みんなで食べて、身体も心も元気になりましょう!


最新記事
カテゴリーから検索
アーカイブ